FWミッチェル・デュークが地元紙で語る 「私は常に110%を与えています」