<首位鹿島、“神戸の恋人”金崎夢生2発>「どうしても勝たないといけない理由があった」