内田篤人が愛された理由…シャルケ地元紙も「失恋のようなもの」と別れを惜しむ